ご挨拶

理事長のご挨拶

 社会福祉法人倉敷連医会は、倉敷市連合医師会のご協力のもと、平成17年8月1日に連医会倉敷ショートステイセンター、連医会倉敷デイサービスセンターを清流「高梁川」近くの、ここ倉敷市片島町の田園地帯に開設いたしました。さらに、平成23年6月1日には、連医会倉敷居宅介護支援センターも新たに事業を開始いたしました。

 当施設のモットーは「やすらぎ・ゆたかさ・ぬくもり」です。家庭的な雰囲気の中で、ご利用者お一人お一人に寄り添ったケアを提供するとともに、趣向を凝らした行事などを実施し、ご利用者の皆様に安らぎと楽しみを感じながら過ごしていただけます。また、ご家族にも安心と信頼を提供し、皆様から「利用してよかった」と心から思っていただけますよう、職員一同、明るく元気に頑張っております。
 ぜひ、一度ご見学にお越しいただき、ご利用いただきますようご案内申し上げます。

 理事長 仁 科 喜 章

統括管理者のご挨拶

 皆様方におかれましては、平素より「社会福祉法人倉敷連医会」の運営、行事開催等に多大なご協力、ご支援を賜り心から感謝を申し上げます。
 当法人は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して、総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として、社会福祉事業を行っております。

 特に、西阿知地域、連島地域と中島地域等との地域住民との連携やボランティア等とのご協力を戴きながら、交流を図り、地域の福祉サービスの拠点となるように努めて参る決意でございます。また、ご利用者やご家族が安心して笑顔で生活ができるように支援を考えております。

 昨年は、楽しい音楽と体操にも力を入れ、アップライトピアノ・ジョイサウンドと60インチ4Kテレビを導入させていただき、皆様から笑顔と嬉しい笑い声をいただきました。今後につきましては、新たに、もっと楽しく、皆さまが興味ある情報の提供が一番と考えており、今年から連医会のホームページを刷新し、リアルタイムでショートステイセンター、デイサービスセンター、居宅介護支援センターの楽しく愉快な情報発信を行ってまいります。
 今後とも、何卒、よろしく,お願いいたします。                                        

 理事・統括管理者 黒 江 庄 平